薄毛で悩んでいるならプロペシア効果と副作用を知っておこう

AGA治療薬プロペシアの効果

一般にフィナステリドとして知られているプロペシアは、男性型脱毛症であるAGAの治療薬として用いられています。プロペシアは、放射線治療によって引き起こされる脱毛やストレスが原因で起きる円形脱毛症などにではなく、主に男性型脱毛症に効果があると言われています。
では具体的に言って、気になるプロペシアの効果については何と言えるでしょうか。基本的に、男性型脱毛症は時間の経過とともに症状が進行していくという特徴があります。そのため、第一段階として抜け毛を防止することが必要になります。この点でプロペシアには、抜け毛を防止し、現状を維持する効果があることが認められているのです。実際に国内で行なわれた臨床試験では、プロペシアを継続して使用した結果、抜け毛が減り現状維持ができているという人が非常に多くなっています。
さらに、プロペシアには抜け毛の防止だけではなく、別の嬉しい効果もあります。それは髪の毛を強くするというものです。実際に、プロペシアを使用したことによって、いままで弱かった髪の毛にコシが出てきたということを実感している人が多くなっています。このような効果が期待できる治療薬であるため、服用の注意点をきちんと守りつつ使用することができるでしょう。

プロペシアの副作用には何があるか

プロペシアとミノキシジルはAGAの治療薬として用いられています。3か月から半年以上、続けることにより脱毛を食い止めることができます。
ですが、プロペシアにはいくつかの副作用があります。
まず、AGAは男性ホルモンが活発化しすぎて起こります。プロペシアは男性ホルモンに作用するため長く続けることによって、EDや性欲減退といった生殖機能関係に副作用が出ることがあります。これらの副作用はプロペシアの使用を中断すると改善されていきます。
また、妊娠している女性がプロペシアに触れてしまった場合、胎児に奇形が生じてしまうことがあります。大変危険度が高く、触れてしまっただけでも体内に吸収されてしまいます。未成年の子どもが触った場合も同じで、生殖機能に影響が出ることがあるので、取り扱と保管には十分に気を付ける必要があります。
この他の副作用としては、うつや肥満、女性化、肝機能障害が出ることもあります。特にうつ状態になることが多く、気分の落ち込みが激しくなることもあります。
使用する場合は、輸入に頼るのではなく、できるだけ医療機関で薬をもらうようにしましょう。副作用があった時に速やかに対処してもらうことができます。